心理カウンセラーに必要な資格

今では心理カウンセラーの知名度は高くありますが、その種類はたくさんあるということをご存知でしょうか?

心理カウンセラーは大きく分けて6つの分野があり、仕事内容により必要な資格も変わってきます。

とはいえ、心理カウンセラーの資格は国家資格ではなく、資格がなくても働くことができる分野もあります。

また、学歴や実務経験を条件としている分野もあり、自分が目指している分野では何が必要なのかを確認することが大切です。

たくさんある資格の中で、臨床心理士というのを聞いたことがあると思います。

馴染みも深い資格でありますが、取得するには厳しい受講資格をクリアしなければなりません。

大卒でなくても、指定講座を修了して試験に合格すれば取得できる資格もあり、仕事をしながらでも取得することができます。

社員や職員のカウンセリングだけでなく、職場の環境を整えるために、一般企業の管理職や人事担当の人などが、産業カウンセラーの資格を取得しています。

スキルアップのために取得する人も多く、仕事に活かせる資格を探してみてはいかがでしょうか。

最近ではスクールカウンセラーや産業カウンセラーというのを、耳にすることが多いと思います。

学校でのいじめ問題や会社でのストレス問題がクローズアップされている中で、精神的負担を緩めるために導入されている心理カウンセラーであります。

心理カウンセラーの種類はとても多く、その全てが必ずしも資格を要する訳ではありません。

しかし、スクールカウンセラーを始め多くの心理カウンセラーでは、臨床心理士の資格を要することが条件とされています。

臨床心理士の試験を受講するには、大学院を修了していなければならず、簡単に取得できるものではありません。

大学を卒業していなくても、指定教育機関での講座を受講し、終了していれば受験資格を得られる資格もたくさんあります。

一般企業でも注目を浴びている産業カウンセラーやメンタル心理カウンセラー、結婚カウンセラーや留学カウンセラーなど現在の職場で活かせる資格も多いので参考にしてみて下さい。

心理カウンセラーになるための勉強法を見る

様々な悩みを抱えた人が多い現在だからこそ、あらゆる分野でのカウンセリングが必要だと思います。